HOME広報活動都医学研都民講座 > 第4回

第4回 都医学研都民講座 「知っておけば大丈夫 〜 インフルエンザの基礎知識と対応策」

どこまで知ってる? インフルエンザ

東京都医学総合研究所 分子医療プロジェクトリーダー芝崎 太

最近のインフルエンザウイルスは、季節性のH1型と異なり、病原性の強いH5、H7、H9型の流行がアジア各国で起こっています。これらの新型はいつ日本に感染者が来訪し、大きな流行(パンデミック)を起こすかもしれないと言われています。本講演ではインフルエンザの特徴を学ぶことによって、「なぜパンデミックが起こるのか?」、「強い病原性?」、「薬は効くの?」などの一般的な疑問を解決します。

ここまで知れば大丈夫! インフルエンザとパンデミック

国立国際医療研究センター 国際感染症センター元センター長/有隣病院 院長 工藤 宏一郎

20世紀以降、四つのパンデミック(大流行)がありました。1918年のスペインかぜの死亡者は世界で約4000万人(日本では約40万人)。しかし、2009年新型インフルエンザでは約20万人(日本では約200名)と激減しました。これには、医学・医療の進歩に加え、人々の知識や行動、社会インフラなども関わっています。本講座では、次のパンデミックに備えてとるべき行動、その対策や基礎知識などをお話します。


日時 平成29年9月21日 (木) 午後2時半~4時 (開場午後1時半)
場所 一橋講堂 (東京メトロ半蔵門線・都営三田線・都営新宿線 神保町駅 徒歩約4分、東京メトロ東西線 竹橋駅 徒歩約4分)
アクセスマップはこちら
定員 抽選で500名様 入場無料
申込方法 事前申込制・往復ハガキまたは電子メールにて (1通につき2名様まで)
  • 往復ハガキは、〒156-8506 東京都世田谷区上北沢2-1-6 東京都医学総合研究所 事務局 研究推進課 普及広報係宛
    住所、氏名(フリガナ)、参加希望人数 :2名希望の場合は同伴者氏名、電話番号(日中のご連絡先)、「第4回都民講座希望」とご記入ください。
    応募ハガキ記入例はこちらから。
  • 電子メールは、tominへ 本文に氏名(フリガナ)、2名希望の場合は同伴者氏名、電話番号を記入し、件名に「第4回都民講座希望」と記入してください。

※ なお、無効となる場合がありますので、記入漏れのないようにご注意ください。

※ 要約筆記をご希望の方は、要約筆記がご覧いただけるお席にご案内する関係上、応募にあたりましては「要約筆記希望」とご記入いただきますよう、お願いいたします。

※ 応募メールを送信してから、3営業日以内に弊所からの受付メールが届かない場合は、恐れ入りますが、迷惑メールフォルダをご確認ください。迷惑メールフォルダにも不着のようでしたら、メールアドレス、本文、件名等を再確認頂き、メールの再送信をお願いいたします。

申込締切 平成29年9月4日 (月) ハガキ:消印有効、メール:必着
問合せ 普及広報係 TEL.03-5316-3109 FAX.03-5316-3150
主催 公益財団法人 東京都医学総合研究所
ページの先頭へ