視覚病態プロジェクト Visual Research Project

網膜・視神経の保護と再生による視覚障害の治療法の開発

原田 高幸

プロジェクトリーダー
原田 高幸

意義

日本における失明原因は、その多くが緑内障をはじめとする、網膜と視神経の変性疾患である。しかしこれまでに神経保護を目的とした治療法は無く、また視神経については細胞移植療法が困難なことから、根本的な治療法は確立されていない。視覚病態プロジェクトでは、遺伝子治療などの手法によって網膜と視神経を保護し、さらに視神経を再生するという、全く新しい治療法の開発を目標とする。

目標

  • 緑内障および網膜・視神経変性疾患に対する神経保護療法を開発する
  • 視神経再生療法を開発する

メンバー

プロジェクトリーダー 原田 高幸

  • 行方 和彦
  • 郭 暁麗
  • 木村 敦子