睡眠プロジェクト Sleep Disorders Project

睡睡眠障害の病因・病態解明と治療法の開発

本多 真

プロジェクトリーダー
本多 真

意義

現代社会では慢性的な睡眠障害が増加している。睡眠障害は個人の健康面で身体・精神疾患のリスクとなるだけでなく、特に眠気は社会経済的損失にも結び付く。しかし睡眠覚醒制御の基盤は未解明、良質な睡眠の客観的定義も未確立である。本研究では重度の眠気を呈する過眠症に焦点をあて、その病因・病態指標を解明する。生理的睡眠の基盤の検討と合わせ、過眠症や中途覚醒型不眠の新たな診断・治療法の開発につなげる。成果を睡眠障害予防や健康維持増進に応用することは重要な社会的課題である。

目標

  • 過眠を呈する睡眠障害の病態を明らかにし、診断・予防・治療法を開発する
  • 健康的で良質な睡眠の条件を明らかにする

メンバー

プロジェクトリーダー 本多 真

  • 宮川 卓
  • 夏堀 晃世
  • 小島 崇