難聴プロジェクト Deafness Project

難聴の遺伝的要因と発症機構の解明

吉川 欣亮

プロジェクトリーダー
吉川 欣亮

意義

難聴をもつ新生児は約1,000人に1人の割合で誕生し、また加齢により罹患率が上昇する。難聴患者の約半数は遺伝的要因により発症することから、診断、予防および治療法の確立のためには、原因となる遺伝子の同定および機能解明が急務である。また、難聴は糖尿病、高血圧症など他の疾患が発症リスクとなること、一方で、認知症、心理社会的疾患は難聴が発症リスクとなることから、難聴と関連疾患との因果関係を解明することは重要な課題である

目標

  • 先天性、加齢性および騒音性難聴の発症に関与する遺伝子を同定し、機能を解明する
  • 難聴モデル動物を用いて難聴と他の疾患との因果関係を明らかにする
  • 新たな難聴モデル動物の開発、難聴予防・治療法の確立を目指す

メンバー

プロジェクトリーダー 吉川 欣亮

  • 松岡 邦枝
  • 安田 俊平
  • 関 優太