体内時計プロジェクト Circadian Clock Project

概日時計と寿命・老化タイマー

吉種先生photo

プロジェクトリーダー
吉種 光

意義

約24時間周期のリズムを生み出す概日時計は、転写翻訳を介したフィードバック制御により振動すると考えられてきた。しかし我々は、翻訳後修飾や構造変化などのタンパク質ダイナミクスが時計のクオーツとして機能すると考え、その分子レベルでの理解を目指す。さらに、時計が壊れることにより老化現象が導かれる仕組みに着目し、これを理解して応用することにより、寿命や老化への分子アプローチを目指す。

目標

  • 概日時計が24時間周期のリズムを生み出す分子メカニズムを解明する
  • 時計が壊れると老化現象が導かれる仕組みを理解し、応用を目指す

メンバー

プロジェクトリーダー 吉種 光

  • 田中 智子