• HOME
  • 脳神経回路形成

脳神経回路形成プロジェクト Developmental Neuroscience Project

脳・神経回路の構築原理とその形成異常のメカニズム

丸山 千秋

プロジェクトリーダー
丸山 千秋

意義

現代社会では対人関係やコミュニケーション障害を特徴とする、自閉症スペクトラム(ASD)やその他の精神疾患の発症率が増加している。しかしこれら疾患の原因となる脳の器質的異常は未解明な部分が多い。本プロジェクト研究はこの課題に対し、“脳の構築原理の理解”という観点からからその発症原因の解明にアプローチする。脳・神経回路構築の基本原理を知り、発達障害、心の病の原因や高次脳機能の異常についての理解を深める。

目標

  • サブプレートニューロン(SpN)の脳構築過程における機能を解明する
  • 抑制性ニューロンと興奮性ニューロンがどのようなタイミングで移動し、また互いにその配置への影響があるのか明らかにする
  • シナプス形成におけるプロテオグリカンの機能を解明する

メンバー

プロジェクトリーダー 丸山 千秋

  • 神村 圭亮
  • 隈元 拓馬
  • 平井 久美子