• HOME
  • こどもの脳

こどもの脳プロジェクト Child brain Project

こどもの脳のためのトランスレーショナル研究

佐久間 啓

プロジェクトリーダー
佐久間 啓

意義

こどもの脳の病気に関する研究は遅れており、治療法の開発が進んでいない。中でもゲノム医学の進歩により遺伝性疾患の研究に力が注がれる一方、後天性神経疾患の病態解明と治療法開発が課題となっている。我々は臨床志向型の研究に特化し、動物モデル等を用いてその成果を臨床に直接還元できるトランスレーショナル研究を推進する。これらを通じて小児医療におけるアンメットニーズに応えることができる。

目標

  • こどもの脳の病気の動物モデル(炎症・免疫性神経疾患、てんかんなど)を用いて、特にグリア細胞の関わりに注目しながら疾患のメカニズムを解明する
  • 病院との連携により臨床サンプルを用いたヒト疾患研究を行い、全国の小児医療機関とのネットワークを活用して多施設共同臨床研究を推進する
  • こどもの脳の病気に対する幹細胞治療を中心に新規治療法の効果を動物モデルで検証し、有効な治療法のない疾患に対する新たなソリューションを提供する

メンバー

プロジェクトリーダー 佐久間 啓

  • 神山 邦子