認知症プロジェクト Dementia Research Project

認知症の分子機構

長谷川 成人

プロジェクトリーダー
長谷川 成人

意義

近年、認知症の原因となる遺伝子が明らかとなってきたが、その治療薬開発は失敗が続いている。本プロジェクトは様々な認知症疾患の病態形成、進行の分子機構を明らかにし、早期診断、治療につながる研究を行うことを目的とし、病態を再現する細胞、動物モデルを構築すると共に、原因となる異常型タンパク質の構造を解明し、その診断、治療に役立つ基盤を構築することを目的とする。

目標

  • 認知症の病態を再現する細胞、動物モデルを構築し、社会に提供する
  • 認知症の原因となるタウの異常構造を明らかにする
  • 神経変性の原因となるαシヌクレインの異常構造を明らかにする

メンバー

プロジェクトリーダー 長谷川 成人

  • 野中 隆
  • 鈴木 元治郎
  • 鈴掛 雅美
  • 高松 芳樹
  • 木村 妙子