• HOME
  • カルパイン

カルパインプロジェクト Calpain Project

カルパインによる生体機能維持の分子機構

小野 弥子

プロジェクトリーダー
小野 弥子

意義

カルパインは細胞内の蛋白質分解酵素(プロテアーゼ)であり、様々な基質蛋白質に対する重要なモジュレーターとして機能する。そのため、カルパイン活性の不全・異常は筋ジストロフィー(指定難病113)、食道炎、皮膚疾患、眼疾患などの発症または悪化要因となっている。これらの病態克服には、カルパインの生理機能理解が必須である。本プロジェクトでは、カルパイン遺伝子改変マウスの解析を中心に、カルパインの新規機能とそのメカニズムを明らかにする。

目標

  • カルパインによる基質タンパク質分解が必要な生理現象を特定し、カルパイン活性化に至るメカニズムとその意義を明らかにする
  • カルパイン機能の欠損または亢進が引き起こす疾患現象に対し、予防・治療・診断を可能とする技術開発基盤の確立を目指す

メンバー

プロジェクトリーダー 小野 弥子

  • 秦 勝志
  • 入江 敦
  • 大内 史子
  • 野口 あや