イベント一覧 都民講座 サイエンスカフェ シンポジウム 都医学研セミナー 夏のセミナー その他のイベント 開催報告 刊行物

  • HOME
  • 連携大学院説明会

− こちらのイベントは終了しました。 −

アーカイブ配信予定 5月下旬〜

- 都医学研 連携大学院説明会 - オンライン開催

都医学研で 修士・博士研究 やってみる?

公益財団法人東京都医学総合研究所は、連携大学院制度を活用して、大学院生を積極的に受け入れています。
連携大学院説明会 (修士課程・博士課程)を開催しますので、ぜひご参加ください。

<連携大学院について>

日 時2021年5月9日(日)13:00~15:30
開催方式オンライン(Zoom)
対象者理学、工学、農学、医学、歯学、薬学、獣医学、保健学、心理学等の学部・学科等に在学する大学生や関連する専門学校生、大学院生及び既に医師として従事している方
定員100名様(先着順)
参加費無料
参加条件本イベントはウェブ会議システム「Zoom」を使用します。
事前に「Zoom」の「ミーティングテスト(https://zoom.us/test )」ページにて、アプリのダウンロードと音声の送受信が可能であることをご確認ください。

※Zoomが利用できるパソコン等(必須)・ヘッドセット等(任意)は各自でご用意ください。アプリのダウンロードやパソコン等の設定については弊所ではご案内できませんので、各自でご準備をお願いいたします。

申込方法 Zoomの登録フォームから事前登録を行ってください。
こちらへ 【登録フォーム】
登録後、確認メールが自動送信されます。確認メールには視聴用URL・注意事項等が記載されていますので、必ず内容をご確認ください。確認メールは「no-reply@zoom.us」から送信されますので、メールを受信できるよう事前に受信設定をご確認ください。

※ 確認メールが届かない場合は、お手数ですが下記のお問合せ先までお問い合わせください。

※ お申し込み1件につき、1つの端末(パソコン・タブレット・スマートフォン 等)をご使用ください。

申込締切開催日当日の申し込みも可能です。
注意事項
  • 講演中の撮影・録画・録音等はご遠慮ください。
  • 通信料は、聴講者のご負担となります。
  • 講演内で使用する資料の配布はございません。
  • オンラインセミナーへの参加時は有線LANの使用を推奨しております。Wi-fiやタブレット・スマートフォンの使用も可能ですが、通信状況により受講が中断されることがございますのでご注意ください。
お問合せ事務局 研究推進課 企画係
TEL:03-5316-3107(平日 午前9時〜午後5時)
E-mail:daigakuin
主催公益財団法人 東京都医学総合研究所

タイムテーブル

時 間内 容
13:00-
-15:30
所長挨拶
連携教官による講演
研究室紹介
連携大学院生による講演
質疑応答

参加プロジェクト

◇サムネイルをクリックすると、各プロジェクトの紹介PDFがダウンロードできます。

カルパインプロジェクト(リーダー:小野弥子)


ダウンロード

プロジェクトページへ

カルパインは、様々な基質タンパク質を分解して機能を調節する、生体機能維持に欠かせない分子です。プロジェクトでは、カルパインの機能不全が引き起こす、筋ジストロフィ―、皮膚疾患、神経管発生異常を解析しています。現在、これらの病態を防ぐために、カルパインがどのような基質タンパク質を分解することが必要なのか、明らかになりつつあります。そのメカニズムを理解し、様々な疾患の病態改善へと応用することを目指しています。

ユビキチンプロジェクト(リーダー:松田憲之)


ダウンロード

プロジェクトページへ

松田研究室では、パーキンソン病の発症原因の解明に挑むことで、ユビキチンやオートファジーを介したオルガネラの品質管理メカニズムを明らかにします。

幹細胞プロジェクト(リーダー:原 孝彦)


ダウンロード

プロジェクトページへ

ヒトiPS細胞から造血幹細胞を作り出す方法、そして新しい癌免疫療法と白血病治療薬の開発に挑んでいます。

蛋白質代謝プロジェクト(リーダー:佐伯 泰)


ダウンロード

プロジェクトページへ

佐伯研究室では、細胞内タンパク質分解の主要な担い手であるユビキチン・プロテアソーム系の基本的な作動機構についての研究を進めています。現在、ユビキチンに依存した液-液相分離、化学ツールによるプロテアソーム分解制御、プロテアソーム変異マウスの解析などオリジナリティの高い研究テーマを進めており、いずれも将来的には関連疾患の発症機構解明やユビキチン創薬に繋がる可能性があります。研究室スタッフは比較的若く、また、国内外の多数の共同研究者と一緒に研究を進めていますので、実験技術だけではなく多様な視点での研究を学ぶことが可能です。本プロジェクトでは最先端のタンパク質分解研究を行いたい学生さんを募集します。

認知症プロジェクト(リーダー:長谷川成人)


ダウンロード

プロジェクトページへ

アルツハイマー病、レビー小体型認知症、ALS等の認知症や神経疾患の発症機構を分子レベルで解明し、診断、治療に役立てることを目的とする研究を行っています。多くの認知症では、変性する部位に特徴的な異常病変が認められ、病気の発症や進行と密接に関係していることがわかっています。私たちは、実際の患者さんの脳、神経系で起こっている異常を、組織、生化学的に分析し、その変化を試験管、細胞、動物で再現するモデルを構築し、さらにどのように病態が形成されるのか病気の進行のメカニズムを解明し、進行を抑える薬剤や治療法、診断法を開発する試みを行っています。研究手法としては、分子生物学、細胞生物学、生化学、蛋白化学、プロテオミクス、免疫組織化学等です。

学習記憶プロジェクト(リーダー:齊藤 実、連携教官:上野耕平)


ダウンロード

プロジェクトページへ

記憶は我々のアイデンティティを生み出す基となり、記憶を失ってしまった人は人格も、好みも変わった別人のようになってしまうことがあります。脳では記憶情報に応じた記憶回路がつくられ、これを必要な時に読み出すことが可能となっています。私たちの研究室では記憶回路がいつ、どのようにして作られ、どのような動作原理で働くのか?を明らかにしていきます。先ず分子遺伝学的手法に優れ、単純な脳構造を持つショウジョウバエを使って行動解析および細胞・回路レベルでの分子イメージングを行い、記憶回路が形成され、働く仕組みを分子の働きとして捉え、その成果を遺伝子導入・変異マウスなどの行動生理学的解析から検証します。

脳機能再建プロジェクト(リーダー:西村幸男)


ダウンロード

プロジェクトページへ

脊髄損傷後に失った機能を再建することを目指し、Brain computer interface技術を応用した人工神経接続の開発と心による運動制御機構の研究を行います。

こどもの脳プロジェクト(リーダー:佐久間 啓)


ダウンロード

プロジェクトページへ

こどもの脳プロジェクトでは、小児免疫性神経疾患を中心とする疾患指向型研究により、小児の健全な発達と神経疾患の克服に役立てることを目指しています

脳卒中ルネサンスプロジェクト(リーダー:七田 崇)


ダウンロード

プロジェクトページへ

脳卒中患者さんの手足を動かすための画期的な治療法の開発を目指して、脳梗塞によって壊れた脳内で、神経が修復されるメカニズムの解明に挑んでいます。

脳神経回路形成プロジェクト(リーダー:丸山千秋)


ダウンロード

プロジェクトページへ

精神活動の源である大脳新皮質がどのようにできるのか、その発生と進化のメカニズムの解明を目指しています。胎児期という限られた時間内に次々とニューロンが生まれ、脳表への移動を経て6層構造が出来上がります。その効率的な脳形成機構は哺乳類で初めて獲得され、ヒト脳へと進化したと考えられます。恐竜は鳥類へと進化した隣で、ネズミはなぜヒトへと進化し得たのか?この謎に神経細胞を生きたまま“観る”最新技術で迫ります。。

統合失調症プロジェクト(リーダー:新井 誠)


ダウンロード

プロジェクトページへ

私たちは、被験者の方々からご提供頂いた血液を用いて、代謝産物の変化、遺伝子変異の有無やタンパク質機能などを調べることによって、統合失調症の原因解明とその予防、治療法の開発、さらには支援法の創出をめざしています。私たちは、「糖化(グリケーション)」を軸に、様々な発達疫学データも活用し、精神と身体の両分野にまたがる科学的エビデンスを集積することを進めています。患者さんが求めるニーズは、様々な社会的、経済的な要因、時代や文化的背景に応じて多様に変容しています。私たちは、精神疾患に対してどのように向き合うことが出来るのか、分子遺伝学、生化学、細胞生物学をはじめとした多面的視点から活動を行っています。

依存性物質プロジェクト(リーダー:池田和隆)


ダウンロード

プロジェクトページへ

覚せい剤やオピオイドなどの依存性物質に着目し、その作用機序を解明し、それをもとに依存、疼痛、発達障害の予防法と治療法の改善に挑戦します。

ウイルス感染プロジェクト(リーダー:小池 智)


ダウンロードF

プロジェクトページへ

小池研究室では、エンテロウイルス71やその近縁のウイルスがヒトに感染してどの様に病気を起こすのか?ウイルスがどのように変異すると病原性が強くなるのか?といった疑問を研究しています。そのために感染動物モデルを開発し、ワクチンや治療薬の開発を進めています。私たちの研究室では、ウイルス学、免疫学、細胞生物学、生化学、実験動物学に関する基礎的知識を身につけられます。興味をお持ちの方はご連絡下さい。

視覚病態プロジェクト(リーダー:原田高幸、連携教官:行方和彦)


ダウンロードF

プロジェクトページへ

神経細胞を保護・再生することによって神経変性疾患を治療することを目的としています。 例えば国内最大の失明原因である緑内障などに注目しています。来てくれた方には、私が責任を持って、様々な生化学研究の手法を伝授します!

糖尿病性神経障害プロジェクト(リーダー:三五一憲、連携教官:鈴木マリ)


ダウンロード

プロジェクトページへ

糖尿病になるとなぜ・どのように神経が障害されるのか、またアルツハイマー病などの神経変性疾患に糖・脂質・蛋白質代謝がどのように関わるかを明らかにし、その知見に基づいた治療法開発を目指した研究を進めています。

再生医療プロジェクト(リーダー:宮岡佑一郎)


ダウンロード

プロジェクトページへ

ヒトiPS細胞の遺伝情報をゲノム編集技術によって自在に改変することで、疾患の発症機序の解明や新たな治療法の開発を目指しています。

体内時計プロジェクト(リーダー:吉種 光)


ダウンロード

プロジェクトページへ

吉種研究室では、生命の仕組みを分子レベルで理解することを目指します。特に約24時間周期の生理リズム(circadian rhythm)を生み出す概日時計や、寿命・老化をキーワードに「時」を生み出す仕組みの理解にチャレンジしています。なぜあなたは毎日目が覚めるのでしょう。時差ぼけが起こるとき、細胞の中では何が起きているのでしょう。そして、どうして生物は老化して死を迎えるのでしょう。遺伝子、RNA、タンパク質の言葉でこれらの現象を理解したいと思います。吉種は東京大学・理学部・生物化学科から医学研に移動し、2021年4月に発足したフレッシュな研究室です。一緒に研究室を盛り上げてくれるメンバーを大募集中ですので、気軽にお声かけください。

遺伝子改変動物室(室長:設樂浩志)


ダウンロード

改変動物室ページへ

遺伝子改変動物室では、ゲノム編集技術や発生工学の手法を用いた疾患モデル動物の開発、および哺乳類ミトコンドリアゲノムの遺伝原理の解明に取り組んでいます。

ゲノム医学研究センター(副センター長:川路英哉)


ダウンロード

研究センターページへ

ヒトゲノムに符号化されている情報、特に遺伝子の活性を調節する機能には未解明の部分が多く残されています。ゲノム塩基配列の決定は容易になりましたが、その意味を理解することは未だに難しいのが現状です。
そこで我々は、次世代シーケンサー等を用いた網羅的な機能測定や、膨大なゲノム機能データ(ビッグデータ)解析を通じて、遺伝子制御の解析をすすめています。
データ解析を中心とした研究では大型コンピュータにアクセスできれば研究は進められますので、外出自粛になった場合でも研究を進めることは可能です。
もちろん、実験測定を中心とした研究も実施可能ですので、希望に応じてテーマを選択します。試行錯誤を楽しみながら、本当の意味では未だに読み解かれていないヒトゲノム暗号の謎に、とりくみましょう。
Motivated students for genomics, regardless Japanese or non-Japanese, are very welcomed. Don't hesitate to ask for details.