都医学研セミナー | 公益財団法人 東京都医学総合研究所

HOME広報活動都医学研セミナー

平成30年度 医学研セミナー

患者主体のQOL評価法 「SEIQoL-DW」 を学び、活かす実習セミナー  ※ 要事前申込 1/7まで

− この都医学研セミナーは終了しました。 −

演者 中島孝 新潟病院 (院長)
丹野清美 立教大学(助教)
山本晃 株式会社R102(取締役)
会場 東京都医学総合研究所 2階講堂
日時 平成31年1月20日(日) 12:30~16:30
世話人 中山優季 難病ケア看護プロジェクトリーダー
参加自由 詳細は下記問合せ先まで
お問い合わせ 研究推進課 普及広報係
電話 03-5316-3109

講演要旨

医療の目的は患者のQOL(Quality of Life:生活の質)の向上です。QOLの測定法は数々ありますが、客観的な視点で一元化する方法を、緩和ケアや難病ケア領域など治癒を目標とできない領域に適用すると、時として「死」よりも低い評価値がでて、ケアの視点を失うだけでなく、医療の配分の視点で切り捨てられる危険をはらんでいます。患者の主観的QOL評価法としての「SEIQoL」は、アイルランドで開発されましたが、代表的な患者の報告するアウトカム(PRO: Patient reported outcome)とされ、臨床研究に多く使われています。人は状況の変化に応じて生活の中で大切に考える事柄やその優先順位を変化させ評価を変えています。それをとらえることで、真の緩和ケアの実践を可能にします。
この「SEIQoL」を理解し、ipodを用いた最新システムで体験するセミナーを開催します。

このセミナーは事前に申込が必要です。 (先着50名様)

平成31年1月7日(月) までに、セミナー参加申込書に必要事項をご記入の上、難病ケア看護プロジェクト(中山)までFaxまたはEmailでお申込みください。↓

セミナー参加申込書

ページの先頭へ