HOME広報活動都医学研セミナー

平成30年度 医学研セミナー

Chemical Approaches to Understand the Ubiquitin Proteasome System

− この都医学研セミナーは終了しました。 −

演者 Huib Ovaa
Oncode Institute and Department of Cell and Chemical Biology,Leiden University Medical Center,Leiden,the Netherlands(Professor (Group Leader))
会場 東京都医学総合研究所 2階 講堂
日時 平成30年7月10日(火)16:00~
世話人 田中 啓二 理事長、佐伯 泰 副参事研究員 (蛋白質代謝研究室)
参加自由 詳細は下記問合せ先まで
お問い合わせ 研究推進課 普及広報係
電話 03-5316-3109

講演要旨

Modification of proteins with ubiquitin and ubiquitin-like proteins regulates a plethora of cellular events, ranging from DNA repair to proteolysis and intracellular trafficking. This lecture will deal with methods to chemically synthesize such proteins and discusses how to use them in structural, biochemical and cell biological studies with a range of examples. In addition, the development of small molecule modulators of the ubiquitin proteasome system will be discussed.

プロテアソーム阻害剤やレナリドミドが血液がん治療において大きな成功をおさめ、現在、ユビキチン研究はケミストとの連携が進んでいます。Ovaa博士は、ユビキチン・プロテアソーム系の化学ツール(阻害剤、化学プローブ、化学合成タンパク質など)開発の第一人者で、本講演では化学ツールを用いた次世代型ユビキチン研究を発表していただく予定です。ユビキチン以外の研究分野でも多々参考になるかと思いますので、是非お越しください。

(文献) Nat Commun, 9, 799, 2018; Nat Protoc, 13, 530-550, 2018; Cell Chem Biol 24, 725-736, 2017; Mol Cell 65, 941-955, 2017; Nature 538, 402-405, 2016; Cell 166, 1198-1214, 2016; Mol Cell 62, 572-585, 2016; Nat Chem Biol 12, 523-530, 2016など

ページの先頭へ